投資TOP > マンション経営とは

ASSET MANAGEMENT

マンション経営による資産運用の特徴

預金は、換金性・元本確保については何も問題はありませんが、現在の低金利時代において運用益はほとんど期待できず、インフレ時には資産が目減りします。また、相続税においける節税効果は全く望めません。

株式の運用益は、配当よりも、売買によるキャピタルゲインがメインとなり、経済状況によっては突発的な元本の下落もあり、収益性・元本確保においてリスクを伴います。
相続税においては時価が明確であり、評価は時価となるため、節税効果は望めません。

投資用不動産は収益性が高く、相続税評価は時価の40%~50%と低く、財産保全には良い選択となります。また、経済状況による影響を受けにくいため、突発的なリスクがなく、リスクコントロールしやすいというのが特徴になります。
しかしながら、換金性という点では他の預金や株式には劣ります。

【資産運用の三分法】

そこで資産のバランスとして、長期に所有するために投資不動産で、中期に株式で運用、短期に預金という組み合わせとなります。
資産運用の三分法として、不動産と株式と預金をバランス良く組み合わせる事が重要です。

ページ上部へ